【新ブログCuriousBoxスタート!

2014年5月3日土曜日

DUNU DN-2000 買った。 DN-1000 VS DN-2000 比較レビュー!!


DN-1000を買ってからまだ1ヶ月も経ってないぞ!!



まずはこちらをどうぞ→ハイブリット型イヤホン DUNU DN-1000 開封レビュー!


まぁ1本でいいし要らない方は売ればいいし・・。





開封動画もとりました。



よこ




スペック

DN-2000→再生周波数帯域:10Hz~30kHz インピーダンス:16Ω 音圧感度:102db
(DN-1000→再生周波数帯域:16Hz~22kHz インピーダンス:10Ω 音圧感度:98db)

スペック上ではダイナミックレンジが大幅UPしているようですね。



うら





付属品



オープン!

DN-1000の時よりもやや高級感ある感じになってますね。




リングの説明と、リング装着時の特性。




DN-2000ではDN-1000には無かった耳のフィット感を増すための固定パーツがついてます。
写真はそれの装着方法。



実際つけるとこんな感じです。強そう(小並)
全然期待してなかったのですが装着感が大幅アップしましたw



蓋をとると、DN-2000が。
DN-1000よりケースがかっこいいです。そしてデカイ。持ってませんがイヤモニも余裕そう。




付属品はDN-1000よりやや減った気がしますがこんな感じ。まぁ充実してますねw




色はゴールドになっています。高級そうで若干安っぽく・・・・?
個人的にはそこそこ好きですが。

DN-1000では重めだった筐体が見事軽量化(そのせいで見た目が若干安っぽく?)されています。







左:DN-2000 右:DN-1000



左:DN-2000 右:DN-1000



で、DN-2000を聴いてみる。iPhone5s直挿しで。

音が鳴り始めて数秒でニヤけてしまいましたw クリアでDN-1000に比べ広い音場、1つ1つ繊細な音にとても自然な鳴り。とにかく自然。音の繋がりがDN-1000よりも更に自然です。

低域は、DN-1000ではドンッドンッとハッキリグイグイ鳴ってた感じですが、DN-2000では深く沈み込み広がる感じ。

中高域は、DN-1000ではBAのようなキンキンに解像度が高いキラキラ・ギラギラ感がありましたが、それも自然になっています。滑らかに抜ける音です。

これはもうDN-1000とは全く別物だという印象でした。全体域において素晴らしいの一言。
DN-1000ではエッジの効いた独特な感じでしたが、DN-2000はナチュラルで生々しさも程よく持ったサウンドでした。
ハイブリッド型の中では最高峰なのではないでしょうか。
でも、ドンシャリが好きな方はDN-1000が良いかも。

DN-1000とDN-2000は鳴り方が結構違うのでDN-1000の方が好みという方もいらっしゃるかとは思います。要視聴です。
要視聴なのですが、イヤーピース・リングが自分に合うまで突き詰めないと真価を発揮できないので買っちゃうのが良いかもしれませんw



ではではノシ



イヤホンはイヤピで音が変わる! DUNU DN-2000 のイヤーピース探し。コンプライとか試す
http://tmt481.blogspot.jp/2014/06/dunu-dn-2000-ear-peace.html




【国内正規品】Top Sound Electronics DUNU DN-2000
Top Sound Electronics
売り上げランキング: 8,893


Top Sound Electronics DUNU DN-1000
Top Sound Electronics Limited [SOUND EARTH]
売り上げランキング: 12,159



あー最近イヤホンが増えすぎてる・・・・



1 件のコメント :