【新ブログCuriousBoxスタート!

2014年5月3日土曜日

ハイブリット型イヤホン DUNU DN-1000 開封レビュー!


どうも、お久しぶりです。生きてます。

買いましたよDN-1000






開封動画もとりました。


実は、結構前に買ってたんですが動画upして満足してブログ書いてなかったw



うら




付属品はこんな感じです。



こちら、台湾メーカーのイヤホンです。DN-1000到来以前には聞いたこともなかった。



スペックは、再生周波数帯域:16Hz~22kHz インピーダンス:10Ω 音圧感度:98db




オープン!





付属品はかなり充実しています。

右上のリングはイヤーピースのささる深さを調節するものなのですが(3種類)
これが意外と音が変わり、おもしろいです。私は一番短い銀のリングを使ってます。
説明書みたいなグラフは、銀の・赤の・青のリングをつけたらこんな特性になります~ってのが書いてあります。




イヤーピース選びが楽しい。



耳かけ用のパーツもついてます!





メッキで高級感があるのかないのかよくわかりませんが、まぁまぁのデザインだと思います。

やや筐体は重めですが耳から落ちることはありません。


で、聴いてみる。

「あ、売ろうかな」と思いました。

なんか音の定位がグチャグチャで押し寄せてくる感じがしました。

いや、まだエージングも済んでないし・・・・・と思いつつイヤーピースを色々変えつつリングも装着。


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

と、定位感はバッチリになりました。 
イヤピ&リングの必要性の有無はじっくり考えたほうがいいみたいです。


このイヤホンハイブリット型と言いまして、ダイナミックドライバー1つ+バランスド・アーマチュアドライバ2つの計3つのドライバ構成となっております。
このドライバ構成で有名なのは AKG K3003ですね。



【国内正規品】 AKG 密閉型カナルヘッドホン K3003
AKG
売り上げランキング: 126,351

K3003。こちら10万円超えですwww

でも、これと比べてもDN-1000の方が好みという方もいますし、なかなかのコスパを誇るDN-1000です。
そもそもこの値段差で比べられていい勝負するところがすごい。

他にハイブリッドというとSONYのXBA-H1/H2/H3 などがありますね。
DN-1000はH3のようにびよーーんとはみ出ないので良いです。



では、音のレビューを(あくまで個人的な感想)

まず、低域の質に圧巻されました。あっダイナミックなんだなぁと。ハイブリッドであるということを改めて耳で感じられました。それはBA型にはできない音。Dであるからこその音でした。
ズンズンと響き渡ります。そして、クッキリと感じられるベースの音。解像度感半端ないです。

次に中高域。個人的には生々しさには欠ける印象があるもののBAらしいというかギラギラ?キラキラ?解像度が高い感じがしました。非常に抜けがよく、聞いていて楽しい。

そしてなによりこの2つのつながりの良さです。
ハイブリッドはチューニングがかなり難しいらしいですが、BAとDが分離してしまっているのではなく1つの音としてまとまっていてとても良い。

全体的には、低音が結構鳴ってる印象だったので、ドンシャリというか、音が押し寄せてくるような極上高解像度ドンシャリって感じでした。

でも、残念な点が1つ。音場がやや狭めであるということ。許容範囲なんですがもうちょっと広いと嬉しかった。


人それぞれ印象は違うと思います。百文は一聴に如かず。ぜひ視聴してみてください。



価格は現在最安値が22,420円。
そこら辺の4万円級のイヤホンにも負けない実力をもった1機種で、イヤホン迷ってる方には推せるイヤホンだと思います。


Top Sound Electronics DUNU DN-1000
Top Sound Electronics Limited [SOUND EARTH]
売り上げランキング: 10,824



あー。
購入してブログ書いてないうちに・・・・


えっ?!










なんかとどいた。

DUNU DN-2000 買った。 DN-1000 VS DN-2000 比較レビュー!!

0 件のコメント :

コメントを投稿